Service提供サービス

Reporting運用管理

カーボンニュートラル達成に向けた省エネルギー対策は、継続的な対策実行と効果検証の繰り返しが重要です。当社では省エネルギー対策の提案・実行のみではなく、継続したフォローアップで支援いたします。
また、近年ではDX(デジタル・トランスフォーメーション)やGX(グリーントランスフォーメーション)を推進する企業向けに、体制構築や管理ツールの導入を通じて支援しております。
更に、省エネ法・自治体条例報告書の数値の算定業務や、資料作成の支援、省エネ法Sクラス獲得のコンサルティング業務に関する問い合わせも増えております。経営側へのサポートはもちろんのこと、現場側への手厚いサポートが当社の特徴であり選ばれる理由です。

各種データ分析

EMS(エネルギー・マネジメント・システム)は、エネルギー管理・分析における必須ツールとして、広く普及しています。当社では事業所の設備状況に合わせてEMS設計や導入後のサポートを行っております。CO2排出量を管理するクラウドの導入も支援いたします。
EMS設置後は、専門家がデータを分析し削減余地や省エネ効果を報告する定期レポートを配信します。継続的なサポートで、お客様の脱炭素化を支援いたします。

クラウド管理のメリット
  • 01
    DX化
    DX化

    CO2排出量をクラウド化することで、目標に対する現状の進捗を担当者から経営者まで知ることができます。炭素会計の管理ツールとして導入する企業が増えています。

  • 02
    運用負荷低減
    運用負荷低減

    最新の情報はクラウドで管理されます。ID・パスワードを付与された人はいつでも、どこでもアクセス可能です。入力作業の外部委託もラクに安心して行えます。

  • 03
    分析サービス
    分析サービス

    検針(請求書)データやEMS計測データを専門家が分析します。さらなる省エネ対策の立案から、エネルギー調達先の変更まで多様な提案が可能です。

省エネ法・自治体条例への対応

エネルギーの使用の合理化等に関する法律(通称、省エネ法)では、特定事業者、特定連鎖化事業者並びに認定統括事業者に認定された事業者に対し、エネルギー使用量の報告や省エネ対策の実施状況の報告しなければいけません。年平均1%以上のエネルギー削減と、達成に向けた計画の提出を義務付けています。
また、都道府県や政令指定都市では条例に基づき、エネルギー使用量やCO2排出量の報告を義務付けています。
当社では、お客様の報告書作成やその内容精査の代行支援をすることで、お客様の時間や手間を軽減致します。

データ分析 事例
  • 化学工場